男性

心と身体は通じている

うつ病は自己診断用のチェックシートを利用すれば、早期治療に繋げる事ができます。そして治療を受ける病院を選ぶ際には、トータルにサポートしてくれる体制である事と親身に応じてくれる医師が在籍している事を確認しておきます。

詳しく見る

男性

気軽に相談できる

うつ病の症状は、長期化することを除けば誰にでも似たような症状が現われます。自分の状況についてストレスチェック制度などを活用して、気づくことが大切です。専門医の診察も予約制がほとんどですので、症状を自覚したら早めに病院を予約した方がいいです。

詳しく見る

医療

自分では気がつきにくい

うつ病は気付かないうちに発病していることもあるので、チェックシートなどを用いて客観的に自分の様子を知ることが大切です。もしもうつ病に合っているかもしれないという結果が出た時には、病院を受診して診察をしてもらいましょう。

詳しく見る

医者

不眠が続くなどの症状

気持ちが落ち込みやる気がなくなっている状態が続いているという方や、眠れない状態が2週間以上続いているという方はうつ病である可能性があります。うつ病の可能性をチェックして治療が必要であると感じた場合は、心療内科などへの通院がオススメです。

詳しく見る

可視化で適切な治療が可能

診察

治療への第一歩

症状やイメージは何となく想像できましても、うつ病の定義を正確に理解するのは難しい話です。ところがネットにアクセスしますと、簡単な質問に答えるだけで手軽にテストできることから、うつ病のチェックサービスが評判になっています。ストレスが蔓延する現代社会では、いつ誰が発症しても不思議ではないとされているため、無料で利用できることも合わせて人気です。また、うつ病は病院での早めの治療が肝心となっており、早期治療の足掛かりとしても注目されています。そして心療内科や精神科は、専門医により一層正確なうつ病のチェックが受けられることでも、話題を集めているのです。セルフチェックは手軽な反面、主観が軸になるため、設問に対して本当に正しく答えているかは若干不明瞭なところもあります。その点、病院なら専門医の医学的かつ客観的な判断が加わりますので、適切な診断につながる訳です。さらに、心療内科や精神科でチェックを受けることで、それまで見えなかった病状が可視化できるなど、自分にピッタリな治療を受けられるのも人気ポイントです。そのほか、病院で診断してもらえば周囲の理解や協力が得やすくなることも含めまして、うつ病チェックが支持される理由は多岐に渡ります。落ち込んだ気分がひと月以上継続するなど、明らかにそれと分かる症状のほか、夜明け前といった早い時間に目が覚める場合が多いのも、うつ状態の基本症状です。また、食が細くなることも基本症状ですから、心当たりがある場合はセルフチェックなどを行い、必要なら病院で相談しましょう。ただし、今挙げた基本症状は一般的な定型のうつ病の話ですので、該当しないからと言って油断は禁物です。今日ではこれまでと全く違うタイプが、若い世代を中心に増えており、非定型または新型のうつ病と言われて注目されています。新型は不眠ではなく過眠になるケースが多く、食事も食が細くなるどころか過食気味になるのです。さらに一般的なうつ症状は朝など、起床時が特にかんばしくないのですが、新型は夕方になると調子が悪くなります。これらの違いは豆知識ですので、若い世代の方なら新型も視野に入れてうつ病のチェックを行うのが上策です。うつ病は脳内の神経伝達物質の減少などが深く関わっており、本人の気持ちのあり方や根性などでは治せませんので、それも豆知識として置き留めておきましょう。そして、うつ病はしっかり休養を取るほか、抗うつ剤などを使うことも治療の基礎になっています。そこで薬の処方を受けるためにも、先ずは心療内科や精神科でチェックを受けるのが第一歩です。

Copyright© 2018 うつ病チェックでテストしよう【必要なら病院で相談】 All Rights Reserved.