不眠が続くなどの症状|うつ病チェックでテストしよう【必要なら病院で相談】

不眠が続くなどの症状

医者

心の不調に気づく

気分が暗い日が続き過食症や摂食障害などの様々な症状を引き起こすうつ病は、初期の症状では気づきにくいものも多くあり自分でチェックして早めにケアを行うことが大切です。初期症状のうちにストレスの原因となっている環境を変えたり、趣味などを持ったりすることで症状を改善して健康になる事が出来ます。自分自身がうつ病の症状を発症しているかどうかチェックするポイントとしては、落ち込んだり不眠となっていたりする期間が数日にわたり連続しているかが重要です。特に2週間以上にわたり不眠状態が続く場合は不眠症である可能性が高く、早めにカウンセリングを受けて対応するのがオススメです。他にも、物事に対するやる気が失せている期間が長く続いているという場合や、身だしなみに関心が持てなくなり、服装や髪型などに構わなくなった場合も、うつ病である可能性があるとされています。また、他者と接している間は常に感じ良くする事が出来るという方でも、1人になった時間にひどく落ち込む状態が長く続く場合は注意が必要です。すべてのうつ病が他人から見て一目瞭然で病気と分かるわけではないので、自覚症状を大切にして専門家に相談すると症状がひどくならないうちに治療する事が出来ます。メールや電話でカウンセリングを受け付けている機関もあり、他人や家族に知られないように相談する事も可能です。よく知られているタイプのうつ病としては大うつ病性障害が挙げられ、落ち込む期間が長く不眠などの症状が続くなどの状態になっている方に当てはまるとされています。特定の季節にのみ発症するうつ病もあり、一定の季節を過ぎると症状がなくなるためただの疲労と勘違いしやすいため気づきにくいタイプのものです。妊娠中の女性に起こる症状としてはマタニティブルーが挙げられ、出産や育児への不安から不眠などの症状が続くようになります。また、出産に関わるものとしては他にも産後うつと呼ばれるものもあり、物事に対する意欲の低下や怒りやすくなるなどの症状が挙げられます。産後うつは一時的な症状でおさまらずに病気として定着してしまう可能性があるので、症状をチェックして該当する部分がある場合は早めに治療をする事が重要です。老化とともに現れやすい症状もあり、老人世代に差し掛かった頃から症状が出始める退行性うつ病が挙げられます。若年層とは異なり、体調が弱り始める方も多いため意欲の低下や落ち込む期間が長引いたとしても気づきにくいのが特徴です。男性の方の場合は退職などがきっかけで発症するケースもあり、年齢のせいと考えずに病気の症状が当てはまる場合はチェックして治療をする事が大切です。

Copyright© 2018 うつ病チェックでテストしよう【必要なら病院で相談】 All Rights Reserved.