自分では気がつきにくい|うつ病チェックでテストしよう【必要なら病院で相談】

自分では気がつきにくい

医療

早めの受診が大切

うつ病は体のどこかが明らかに痛くなる等の明確な症状がでる病気ではありません。また自分以外の人が見た場合にも、よほど重い症状がなければうつ病だと気付かないこともあるでしょう。そのため、自分自身で病気になっていることに気付くきっかけがないままに時間が過ぎてしまうと、気付いた時には重症になっているという危険があります。うつ病は急激に症状が出はじめるというよりも、最初のうちは気付かない程度の症状がでるだけという人がほとんどです。そのため、なんとなくいつもとは体の様子が違っていると感じているだけの時には、すでに病気を発病しているという可能性があることを覚えておきましょう。そして、できるだけ早く治療を開始するほうが、悪化する可能性を減らすことができる病気です。そのためにも、症状が重くなってしまう前に、自分自身で気付くことができるよう意識をしておく必要があるでしょう。その時に活用すると便利なのがチェックシート状になっているもので、チェックに答えるだけで病気の可能性がどれだけあるかが分かります。この病気はあらわれる症状が広範囲にわたっており誰しもに必ずでる症状というものが存在しないため、色々な症状が掲載してあるチェックシートが重宝します。うつ病かどうかを自分で調べる時に何を参考にしたら良いかわからないという場合には、インターネットなどでチェック項目が載っている物があるのでそれらを参考にすると良いでしょう。インターネット上にあるものは、細かな内容には違いがありますが、よく見るとチェック項目は似たような内容になっています。最初は時間をかけずにできる簡易的なものから試していき、その結果次第では、別のチェックシートを試してみると、結果の信頼度が増します。いくつかのチェックシートを行ってみて、うつ病になっている可能性があるという場合には病院を受診しましょう。もしも、病気を発症しているという自覚が全くない場合でも病院を受診することはできます。その際には自宅でチェックしたものを医師に見せられるように持参すると、診察の際に参考になります。また、診察を受けてうつ病ではないと診断された場合でも特に問題にはなりませんので、気になる結果が出た場合には受診することをおすすめします。診察では専門的な知識をもつ医師が表情や言動などからも様子を診るので、本当に発病しているかどうかをしっかりと診てもらえます。うつ病は、その人の表情や言動を総合的に判断して診察をすることが重要なので、気になる時には受診をしましょう。

Copyright© 2018 うつ病チェックでテストしよう【必要なら病院で相談】 All Rights Reserved.